転職面接の服装は「黒のスーツ」にするべきなのか?

転職の面接ではスーツを着るべきか?といった悩みはいつでもありますね。

答えから言うと、ラフな格好が許されるごく一部の業界を除いて、スーツで転職活動に臨むべきなのは疑いがありません。

皆さんも紺のスーツ、ではなく、今は真っ黒なスーツで全身を固めた就活生を、一度は目にしたことがあるでしょう。

今や就職活動の服装と言えば、黒のスーツが定番中の定番なのですが、翻って30才を越えた皆さんも同じでいいのだろうか? そこが気になる点だと思います。

結論から言うと、オーソドックスな色であれば大丈夫。つまり、濃紺、グレーあたりの色ですね。

就活生に広く普及し市民権を得た黒のスーツでも問題はありませんが、一般的には黒スーツは冠婚葬祭用の礼服の扱いになります。

一方、濃紺、グレーはオバマ大統領の着こなしを見ればわかるように、エグゼクティブの定番色となっているので、筆者はこれを推奨しています。

ところで、いい年をして「スーツの色や柄で個性を出そう」などと考える人はそういないと思いますが、無地が基本です。ストライプや柄の無いものにしておきましょう。

なお、見落としがちなのがサイズ感。オーダーメイドであれば、自分にピッタリ合ったものが得られるでしょうが、予算の関係からそうもいかない人が多い。

もしも吊るしを買うなら、「スーツは肩で着る」という格言があるように、肩に合ったものを選べば自分の体型に合ったものが見つかります。

ですから、何度も試着して肩に合うものを探すようにしてください。

 

中谷充宏「今さら聞けない30代以上転職のルール – やり方以前の常識大全」からの抜粋