転職の求人情報はどこをどう見ればいいのか?

転職によって給与を上げたいという想いは、ちょうど仕事に脂がのってきた30代あたりが最も強いと言えます。よって、求人情報の中で真っ先に給与額を見るという気持ちもわからないではありません。でもそこにこだわり過ぎると、転職のチャンスを逃すリスクが高い。そのことは、念頭に置いておいてください。

例えば、30才そこそこと言えども年齢制限に引っかかるケースはあります。だからまずは、応募可能な求人かどうかをチェックするのが最優先です。求人情報に「20代が活躍できる職場です」や「第二新卒歓迎!!」といったキャッチコピーが並んでいたり、どう見ても20代な若手社員ばかりが集合している職場の写真が掲載されていたら、30才以上は対象にしていない可能性が高いでしょう。

年齢制限はクリアできそうなら、次は企業の求める人物像に合っているかどうかが重要。だから「必須条件」欄を見ます。「完全に満たしてはいないけど、似たような経験があるしやる気もあるから大丈夫だろう」、そんな甘い見通しは、キャリア採用には通じないと思っておいた方がいいです。

そして最後に、前述の 自分を知る」で整理した、譲れない条件を満たしているかを見てください。例えば、「転勤はできない」という譲れない条件があれば、勤務地の欄をしっかりチェックする必要があるということです。選考が随分と進んでから、実は「全国転勤あり」に気づいても遅いですからね。

 

 

中谷充宏「今さら聞けない30代以上転職のルール – やり方以前の常識大全」からの抜粋