新聞の求人広告、ネットの転職サイト、どれが良い?

みなさんは求人を探す時どうやっているでしょうか?おそらくほとんどの人はネットで探していると思います。でも実は新聞も侮れません。

昔は求人といえば、日経新聞、外資系ならJapan Times、という時代もありましたし、今でも新聞を頼りに求人活動をする企業も少なくありません。

そこで、それぞれの違いについてお話ししたいと思います。

大手の日刊紙は、日曜日にまとめて求人広告を掲載している

大手の日刊紙は日曜日に求人広告を掲載しています。平日にも、その新聞によって決まった曜日に、「地域別の求人」、「技術系の求人」など対象を絞った特集を組んでいることがあります。

日刊紙の求人広告は発行部数を背景に、出稿料金が高めなのが特徴です。そのため、スペースに限りがあり、会社のようすや条件などを、少ない情報から読み取らなければいけないのがデメリット、高い料金を出していることから、企業の真剣な姿勢がうかがえるのがメリットです。

求人広告は新聞によって特徴がある

「朝日」「読売」「毎日」などの一般紙は、それぞれの持ち味があるので、希望職種によって、あたる新聞を選ぶと効率的です。一般的に、「朝日」はマスコミ·事務系が強く、「読売」は営業系,事務系が強いと言われています。さらに大手の企業を探すなら「朝日」「読売」、中小企業なら「読売」「毎日」が良いと言われています。

経済紙や業界紙、地方紙で仕事を探す方法もある

一般紙のほかにも、あたりたい新聞があります。金融系、外資系なら「日経」。また、外資系は日刊紙で、も英字新聞などで探す方法もあります。特定の業界を志望する場合は、その業界の新聞に目を通すやり方もあります。Uターン・Iターン就職なら、地元の新聞を取り寄せるといいでしょう。

 

転職サイト、転職エージェントを使うのは今時当たり前

ネットで、求人を探すメリットは、①大量の求人を見られる、②年収や勤務地など希望条件で求人をふるいにかけられる、③今日出た求人もスグに見られる、ですよね。

でも、みなさん使っている転職サイト、転職エージェント、どう違うのか知っていますか?ネットで、転職エージェントとは?転職サイトとの違いと言った検索語で調べたら、分かると思いますが、一番の違いはエージェントという人が介在するかどうか。

エージェントがいる事で、きめ細やかなサービスを受けられるし、公開されていない非公開求人を見せてもらう事もできます。

有名な所では、リクルートエージェントとかDODA(デューダ)がありますね。

 

新聞とネット検索での違いをお話ししましたが、どれが良いというよりも、どれも良いですので、両方使いこなしてみたらいかがでしょうか?

 

 

 

中谷充宏「今さら聞けない30代以上転職のルール – やり方以前の常識大全」からの抜粋